FC2ブログ

親爺の自然館

 自身の忘備録なので・・・・

静かな山で・・・

サンちゃんの巣を探すことなく 声を聞いて楽しんでいたら何時しかシーズンも終わりを迎え ヒグラシの蝉時雨に変わっていました。
ところがその声がピタット静かになって樹上を見上げると,雛を3匹連れたサンちゃんの奥様が見事な狩をして次々にヒグラシを狩っていました。
暗すぎ・枝被り・逆光・未熟でこんなのしか撮れませんでしたが、5分ほど楽しく観察できました。
サンコウチョウ蝉0001
獲れたてのヒグラシの頭を与えました。
サンコウチョウ蝉20002
次は残った胴体を与えようとしましたが上手く受け取ってもらえず
サンコウチョウ雛20004
他の子に与えようと
サンコウチョウ雛0003
ホバリングからのヒグラシを捕らえる様子が撮影出来ず 来年の課題が出来ました。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/08/05(金) 19:00:00|
  2. サンコウチョウ

サンコウチョウ

声はすれども・・・サンちゃんがお嫁さんを連れて今年も戻ってきました。
奥さんを残して縄張り確保に一生懸命鳴きながら飛び回って、挨拶に来てくれません
雌40001

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/09(日) 22:28:45|
  2. サンコウチョウ
  3. | コメント:8

準備万端整えて・・・・。

昨日はクマちゃん撮影に出かけました。4回目の遠征でお目にかかる確率は
過去3回は33%で今回で25%か50%で臨みました。
何とか出逢えて50%キープでしたがアップできるほどのものでなく残念ですが
今後に繋がる成果でした。
本日は先週と同じく、近くの山へサンちゃん探し
スパイクの長靴・小さな頑丈な三脚・他事前の装備を整え先週とは別のポイントへ出撃
サンコウチョウ雄00002
尾の長い雄が迎えに来てくれました。カラスを追い出してかなり興奮しているのでしょう
鳴き声は「ホイホイ」ではありません。威嚇の「ギャーギャー」です。
横位置では尾が切れますので縦位置に変更。
 サンコウチョウ雄0004
暫く様子を伺い安全を確認したのか?冠羽と尾が下がり始めました。
私も落ち着いて露出補正をしながら楽しく撮影できました。
少し涼しげで日本的に見えません?
サンコウチョウ雄2改0001
多少警戒しながら「ホイホイ」と鳴き出し雌も安心して巣材の苔などを運んでいました。
やはり口の中は緑色ですクリックで見てください。
巣はあえて確認することをやめています。誰も来ない山奥でこれから遅い子育てのようです。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/07/05(日) 19:00:00|
  2. サンコウチョウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

口の中は緑

昨日の土曜日はいつものよう山奥でカケスに遊ばれ自然を満喫いたしました。
今日から、近くでサンコウチョウの撮影を開始です。
昨年から林道で待構えていましたが、今日はカラスがサンコウチョウの縄張りに侵入し大騒ぎそれに乗じて暗い山中に入り撮影しました。
サンコウチョウ30001
暗い樹林でブルーのワッカをが寄って来てくれました。初めての試みで手持ち撮影でブレまくり。
サンコウチョウnef0001
知らなかった事ですが口の中はライトグリーンです。何処かのブログで噂になってました。
サンコウチョウ20003
昨年もこのポイントのオスは尾が短くまだ若鳥ですが「ホイホイ」だけは達者てした。
サンコウチョウ0002
カラスの騒ぎが収まったので早々に林道へ戻り、「ホイホイ」を聞いてお昼寝でした。
来週はカメラ・レンズ装備を整えて再度挑戦です。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/28(日) 18:06:42|
  2. サンコウチョウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
前のページ

プロフィール

ようこそお越しくださいました。

<30%author_name>

京都市在住 1955年生まれ 極楽蜻蛉が近所の鳥さんを四季を通して撮影しています。
 

カメラに収まってくれた鳥さん達

主な撮影地  京都 滋賀 福井 奈良 

アオアシシギ (9)
アオゲラ (2)
アオサギ (5)
アオジ (4)
アオバト (8)
アオバズク (1)
アカアシチョウゲンボウ (1)
アカウソ (0)
アカエリヒレアシシギ (3)
アカゲラ (2)
アカツクシガモ (1)
アカハジロ (1)
アカハラ (1)
アトリ (2)
アマサギ (8)
アメリカウズラシギ (2)
アメリカコハクチョウ (1)
アメリカヒドリガモ (4)
アリスイ (1)
イカル (5)
イカルチドリ (1)
イソシギ (4)
イソヒヨドリ (4)
イヌワシ (4)
イワツバメ (2)
ウグイス (7)
ウズラシギ (1)
ウソ (5)
ウミアイサ (1)
ウミウ (1)
ウミネコ (1)
エゾビタキ (6)
エナガ (16)
エリマキシギ (8)
オオアカゲラ (2)
オオジュリン (14)
オオジシギ (1)
オオタカ (14)
オオカワラヒワ (1)
オオハクチョウ (1)
オオバン (1)
オオハシシギ (1)
オオヒシクイ (4)
オオヨシキリ (5)
オオルリ (15)
オオワシ (3)
オカヨシガモ (2)
オグロシギ (8)
オシドリ (8)
オジロトウネン (2)
オジロビタキ (5)
オジロワシ (1)
オナガガモ (2)
オバシギ (1)
カイツブリ (5)
カケス (4)
カシラダカ (4)
カモメ (1)
カルガモ (2)
カワアイサ (7)
カワガラス (7)
カワウ (7)
カワセミ (87)
カワラヒワ (10)
カンムリカイツブリ (49)
キアシシギ (3)
キクイタダキ (5)
キジ (76)
キジバト (3)
キセキレイ (9)
キビタキ (17)
キバシリ (1)
キレンジャク (4)
キンクロハジロ (5)
クイナ (6)
クサシギ (1)
クマタカ (10)
クロサギ (1)
クロジ (4)
クロツグミ (1)
ケリ (3)
コアオアシシギ (3)
コアジサシ (1)
ゴイサギ (12)
コウノトリ (1)
コガモ (3)
コガラ (3)
コクガン (1)
コクマルガラス (3)
コゲラ (6)
コサギ (32)
コサメビタキ (2)
コチドリ (5)
コチョウゲンボウ (5)
コマドリ (7)
コハクチョウ (11)
コミミズク (3)
コムクドリ (9)
コヨシキリ (1)
コルリ (2)
サカツラガン (2)
ササゴイ (21)
サシバ (3)
サンコウチョウ (9)
サンショウクイ (2)
シジュウカラ (7)
シマアジ (1)
シノリガモ (1)
シメ (4)
ジョウビタキ (12)
シロチドリ (3)
シロハラ (1)
スズメ (8)
セイタカシギ (20)
セグロセキレイ (11)
セッカ (5)
センダイムシクイ (2)
ソウシチョウ (1)
ソリハシシギ (1)
ダイサギ (20)
タカサゴクロサギ (1)
タカブシギ (6)
タゲリ (5)
タシギ (4)
タヒバリ (2)
タマシギ (16)
チュウサギ (3)
チュウシャクシギ (1)
チュウヒ (13)
チョウゲンボウ (50)
ツバメ (5)
ツグミ (1)
ツバメチドリ (6)
ツツドリ (2)
ツミ (1)
ツルシギ (7)
トウネン (4)
トビ (6)
ドバト (0)
トラツグミ (6)
トラフズク (1)
ニュウナイスズメ (2)
ノゴマ (5)
ノハラツグミ (1)
ノビタキ (27)
ノスリ (51)
ハイイロガン (1)
ハイイロチュウヒ (5)
ハイタカ (7)
ハギマシコ (1)
ハクガン (1)
ハクセキレイ (6)
ハシビロガモ (2)
ハシブトガラス (1)
ハシボソガラス (3)
ハジロカイツブリ (5)
ハチクマ (1)
ハチジョウツグミ (1)
ハヤブサ (97)
ハマシギ (4)
バン (4)
ヒガラ (3)
ヒクイナ (6)
ヒシクイ (1)
ヒドリガモ (3)
ヒバリ (6)
ヒバリシギ (3)
ヒメウ (2)
ヒヨドリ (2)
ヒレンジャク (17)
ビンズイ (1)
フクロウ (1)
ベニマシコ (13)
ヘラサギ (1)
ホオアカ (6)
ホオジロ (6)
ホオジロカンムリズル (1)
ホオジロガモ (2)
ホシハジロ (2)
ホトトギス (1)
マガモ (1)
マガン (1)
マヒワ (2)
マミジロ (2)
マミチャジナイ (1)
ミコアイサ (4)
ミサゴ (36)
ミソサザイ (4)
ミヤマガラス (1)
ミヤマホオジロ (2)
ムギマキ (1)
ムクドリ (5)
ムナグロ (4)
ムネアカタヒバリ (1)
メジロ (14)
メダイチドリ (1)
モズ (10)
メボソムシクイ (2)
ヤブサメ (2)
ヤマガラ (6)
ヤマセミ (3)
ヤマドリ (2)
ユリカモメ (2)
ヨシガモ (3)
ルリビタキ (24)
レンカク (1)
白化固体 (2)
蝶類 (48)
トンボ (36)
虫 (32)
蛇 (6)
魚類 (11)
セミ (3)
番外篇 (153)
哺乳類 (23)
未分類 (2)

現在 鳥類 203種