FC2ブログ

親爺の自然館

 自身の忘備録なので・・・・

アオアシシギ

近所の田んぼの休耕田も毎年少なくなりビニールハウスが増えたりしてシギチも苦労しているようです。
アオアシ0003
浅い川の泥地に6羽のアオアシさんが暫く休んでいましたが 日曜の朝は散歩の人間が多いので鳴きながら飛び回っていました。
アオアシb0001
アオアシc0002
私も300mmを下げてぶらぶらとお散歩です。
  1. 2014/09/22(月) 19:00:00|
  2. アオアシシギ

アオアシシギ

スタイルもよく可愛いアオアシシギですが セイタカさんがあまりに日本人離れした容姿なので 目立ちませんでした。
コアオb0003
コアオa0002
ケリに追われて逃げ込んだ田んぼから様子を伺いながら出て来ました。
コアオc0004
コアオ0001
この地味な可愛さが・・・・
  1. 2014/07/21(月) 19:00:00|
  2. アオアシシギ

シギチの季節到来?

私の予想では タカブ・ツバチ・アオアシの順番で飛来予想をしていたのですが、二番手にアオアシシギがひっそりと一羽やって来ました。休耕田ならではの背景の違いを狙ってみました。
アオアシ0001
近距離で撮影するとシャター音で驚かし飛ばしてしまう事があります。
今回は警戒心の無い距離でお互いリラックスで・・・私はクーラーの効いた車中より撮影
アオアシ10001
アオアシ20002

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/17(金) 19:00:00|
  2. アオアシシギ

アオアシシギ

アオアシシギ

分布 [編集]ユーラシア大陸北部で広く繁殖し、冬季はアフリカ、インド、東南アジア、オーストラリアに渡り越冬する。

日本では旅鳥として、春と秋の渡りの時に全国的に渡来する。沖縄県では少数が越冬する。

形態 [編集]全長約35cm。類似のシギ類と比べて、細身でスマートな体形をしている。夏羽は頭上から体の上面は灰色で、黒い斑がある。腹、腰、上尾筒は白い。冬羽では頭から頸にかけて、白い部分が増える。嘴は黒く、やや上に反っている。足は緑青色だが、黄色みを帯びているものもいる。特に幼鳥の足は、ほぼ黄色である。

雌雄同色である。

生態 [編集]非繁殖期は、干潟、河口、水田、湖沼等に生息する。単独か小群を形成していることが多い。繁殖期は、湿地や草原に生息する。

食性は動物食で、昆虫類、両生類、甲殻類、小さな魚類などを捕食する。普通は浅い水辺を歩きながら採食しているが、時には水の中に嘴を開いたままつけて前進しながら採食することもある。また、水深の深いところでは体を浮かべて泳ぐこともある。

繁殖形態は卵生。地上に営巣し、普通4卵を産む。抱卵日数は22-24日で雌雄が抱卵する。

「チョーチョーチョー」と鳴く。
アオアシ40003
アオアシ30002
コアオアシシギとの違いは、嘴の色が淡くほんの少し反り上がっています。
アオアシ0001
水に映ったブルーはバイパスの壁面です ガッカリ・・・・・
アオアシシギは鳥類の図鑑の索引トップです。「それがどうした」 と言うこともないのですが
アオアシシギ0002
アオアシシギ100003
アオアシシギ90004
神経質な種で、6羽が一斉に飛び立ちました。
一羽の後に5羽が続きます。
アオアシシギ飛5羽0001
アオアシシギ飛3羽20001
アオアシシギ飛3羽0005
アオアシシギ飛1羽0004
やっとアオアシシギのアップ(忘れてた)ができました。いつも他のシギさんと一緒に撮るものですから・・・・やはり落ち着いた雨降りのカットばかり選びました。
アオアシシギ30002
↑ と そっくりな日本画が上村淳之の作品にありました。
アオアシシギ2羽0001

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/08/11(木) 19:00:00|
  2. アオアシシギ
  3. | コメント:4
前のページ

プロフィール

ようこそお越しくださいました。

<30%author_name>

京都市在住 1955年生まれ 極楽蜻蛉が近所の鳥さんを四季を通して撮影しています。
 

カメラに収まってくれた鳥さん達

主な撮影地  京都 滋賀 福井 奈良 

アオアシシギ (9)
アオゲラ (2)
アオサギ (5)
アオジ (4)
アオバト (8)
アオバズク (1)
アカアシチョウゲンボウ (1)
アカウソ (0)
アカエリヒレアシシギ (3)
アカゲラ (2)
アカツクシガモ (1)
アカハジロ (1)
アカハラ (1)
アトリ (2)
アマサギ (8)
アメリカウズラシギ (2)
アメリカコハクチョウ (1)
アメリカヒドリガモ (4)
アリスイ (1)
イカル (5)
イカルチドリ (1)
イソシギ (4)
イソヒヨドリ (4)
イヌワシ (4)
イワツバメ (2)
ウグイス (7)
ウズラシギ (1)
ウソ (5)
ウミアイサ (1)
ウミウ (1)
ウミネコ (1)
エゾビタキ (6)
エナガ (16)
エリマキシギ (8)
オオアカゲラ (2)
オオジュリン (14)
オオジシギ (1)
オオタカ (14)
オオカワラヒワ (1)
オオハクチョウ (1)
オオバン (1)
オオハシシギ (1)
オオヒシクイ (4)
オオヨシキリ (5)
オオルリ (15)
オオワシ (3)
オカヨシガモ (2)
オグロシギ (8)
オシドリ (8)
オジロトウネン (2)
オジロビタキ (5)
オジロワシ (1)
オナガガモ (2)
オバシギ (1)
カイツブリ (5)
カケス (4)
カシラダカ (4)
カモメ (1)
カルガモ (2)
カワアイサ (7)
カワガラス (7)
カワウ (7)
カワセミ (87)
カワラヒワ (10)
カンムリカイツブリ (49)
キアシシギ (3)
キクイタダキ (5)
キジ (76)
キジバト (3)
キセキレイ (9)
キビタキ (17)
キバシリ (1)
キレンジャク (4)
キンクロハジロ (5)
クイナ (6)
クサシギ (1)
クマタカ (10)
クロサギ (1)
クロジ (4)
クロツグミ (1)
ケリ (3)
コアオアシシギ (3)
コアジサシ (1)
ゴイサギ (12)
コウノトリ (1)
コガモ (3)
コガラ (3)
コクガン (1)
コクマルガラス (3)
コゲラ (6)
コサギ (32)
コサメビタキ (2)
コチドリ (5)
コチョウゲンボウ (5)
コマドリ (7)
コハクチョウ (11)
コミミズク (3)
コムクドリ (9)
コヨシキリ (1)
コルリ (2)
サカツラガン (2)
ササゴイ (21)
サシバ (3)
サンコウチョウ (9)
サンショウクイ (2)
シジュウカラ (7)
シマアジ (1)
シノリガモ (1)
シメ (4)
ジョウビタキ (12)
シロチドリ (3)
シロハラ (1)
スズメ (8)
セイタカシギ (20)
セグロセキレイ (11)
セッカ (5)
センダイムシクイ (2)
ソウシチョウ (1)
ソリハシシギ (1)
ダイサギ (20)
タカサゴクロサギ (1)
タカブシギ (6)
タゲリ (5)
タシギ (4)
タヒバリ (2)
タマシギ (16)
チュウサギ (3)
チュウシャクシギ (1)
チュウヒ (13)
チョウゲンボウ (50)
ツバメ (5)
ツグミ (1)
ツバメチドリ (6)
ツツドリ (2)
ツミ (1)
ツルシギ (7)
トウネン (4)
トビ (6)
ドバト (0)
トラツグミ (6)
トラフズク (1)
ニュウナイスズメ (2)
ノゴマ (5)
ノハラツグミ (1)
ノビタキ (27)
ノスリ (51)
ハイイロガン (1)
ハイイロチュウヒ (5)
ハイタカ (7)
ハギマシコ (1)
ハクガン (1)
ハクセキレイ (6)
ハシビロガモ (2)
ハシブトガラス (1)
ハシボソガラス (3)
ハジロカイツブリ (5)
ハチクマ (1)
ハチジョウツグミ (1)
ハヤブサ (97)
ハマシギ (4)
バン (4)
ヒガラ (3)
ヒクイナ (6)
ヒシクイ (1)
ヒドリガモ (3)
ヒバリ (6)
ヒバリシギ (3)
ヒメウ (2)
ヒヨドリ (2)
ヒレンジャク (17)
ビンズイ (1)
フクロウ (1)
ベニマシコ (13)
ヘラサギ (1)
ホオアカ (6)
ホオジロ (6)
ホオジロカンムリズル (1)
ホオジロガモ (2)
ホシハジロ (2)
ホトトギス (1)
マガモ (1)
マガン (1)
マヒワ (2)
マミジロ (2)
マミチャジナイ (1)
ミコアイサ (4)
ミサゴ (36)
ミソサザイ (4)
ミヤマガラス (1)
ミヤマホオジロ (2)
ムギマキ (1)
ムクドリ (5)
ムナグロ (4)
ムネアカタヒバリ (1)
メジロ (14)
メダイチドリ (1)
モズ (10)
メボソムシクイ (2)
ヤブサメ (2)
ヤマガラ (6)
ヤマセミ (3)
ヤマドリ (2)
ユリカモメ (2)
ヨシガモ (3)
ルリビタキ (24)
レンカク (1)
白化固体 (2)
蝶類 (48)
トンボ (36)
虫 (32)
蛇 (6)
魚類 (11)
セミ (3)
番外篇 (153)
哺乳類 (23)
未分類 (2)

現在 鳥類 203種